カードローンの賢い使い方

ロゴ
トップページ
<カードローンの申し込みをする時>
金融機関各社がカードローンを扱うようになり、地方都市に住む人でも地元の信用金庫や信用組合で申し込みできるようになって利便性が大きく向上しています。 一部のJAや漁業組合でも取り扱いを始めるようになりましたから、一般消費者向けの融資商品としてとても敷居が低くなってきたといえるでしょう。 金融機関各社は加入者を増やすために拡販を熱心にすすめており、提携している企業とのタイアップを利用できるというメリットがあります。 それは例えば、カードローンのカードを提示すると提携ゴルフ場のプレイ料金やゲストフィーが大幅に割引になったり、提携レンタカーのレンタカー料金が大幅に割り引きになったり、提携ホテルの宿泊費やレストランの料金が割り引きになるといった提携サービスです。 それで、カードローンの申し込みをする時は、返済金利や返済条件に注目する事ももちろん重要ですが、提携している企業や提携サービスについてもよく確認して、自分が頻繁に使うサービスで割り引きが適用になるケースがあるかどうかも確認しましょう。 カードローンとは?

<カードで借りるローンとは>
カードでお金を借りられるローンを、カードローンと言います。 「即日融資可能」「最短即日」などのフレーズで宣伝しているものは、ほとんどがカードローンとなっています。 クレジットカードと混同されることも多いですが、クレジット機能とは別物で、あくまでローンに分類されます。 近年は最高20%とカードローン 金利は低くなっております。 この金利は実質年率と呼ばれるもので、アドオン金利とは異なります。 融資額に対して1年間で20%の利息が発生すると思われていますが、実際には20%にはなりません。 毎月返済するたびにローンは減っていき、残額に対して利息が発生しますので、早く返済すればするほど利息は少なくなるわけです。 繰り上げ返済の回数に制限はありませんし、手数料もかかりませんので、好きなタイミングで追加返済して早めにローンを終わらせましょう。 返済期間は3〜5年程度に設定された商品が多いですが、利息を減らすためには1〜2年で返済するようにしたいものです。

<カードローンの返済期間についての考え方>
カードローンを利用するに当たって、しっかり考えるべきなのは返済についてです。 きちんと返済することにより、金融機関にとって優良な顧客となり次回の融資もスムーズに受ける事ができるでしょう。 返済について考える時に重要な点の一つに、どの程度の期間で返済するのかという点があります。 返済期間については一律ではありませんので、これがベストという特定の期間はありません。 融資を受けた金額により返済期間は左右されますし、一回に返済可能な金額によっても返済期間が長くなったり短くなったりします。 返済期間の設定時に覚えておくべき事は、短期間で返済すると支払う金利がそれだけ軽減されるという事です。 返済期間を長期に設定すると毎回の返済金額は少額になりますが金利が増えてしまうというデメリットを覚えておきましょう。 ですから、融資を受けたら可能な限り早期に返済することが、トータルの返済金額を抑える事になるのです。 だからといって返済に無理がある金額を設定してまで早期に返済しようとするのはやめましょう。



Copyright(c) カードローンの賢い使い方. All right reserved.